POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

12日目のブログ更新は、本日広島で開催された

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポートです。

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪ 「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

SPCさん主催の技術競技会。

SPCとは何でしょう?

(理美容業界でお仕事をされていない方はご覧ください↓)

SPC JAPANは、美容室オーナーのための団体です。ヘアサロン経営者の交流、向上の場として・・・※以下,ホームページをご覧あれ!

http://www.spcjapan.com/

9月に全国各地で予選が開催され、勝ち残ったツワモノが11月予定の全国大会に進むこの大会。全国の参加人数は一万人を超える!という、日本最大規模の技術コンテストです。

大会の冒頭。主催幹部の方のご挨拶で、「練習はウソをつかない」というお言葉がありましたが、

ここに参加されている皆さんが、毎日、お仕事の後にお店に残って、コツコツ練習を重ねてきていることをボクは知っています。

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

「どう言うても大事なんは技術なんよ。まず腕がないことにゃぁ、何もできんよ」

あるお店で練習を見守っていたオーナーが口にされた言葉です。

 

別のオーナーが、こんなことも言ってました。

「コンテストというものに否定的な人もおるけど、僕はそう思わない。」

「確かに、コンテストで賞を取ったデザインをお客様にそのまま使えるわけじゃない。」

でもな。。。と話は続きます。

「上を目指して頑張ろう!という気概を持って集中して取組む時期があるべきだと思う。僕らは技術者なんだから。」

 

そう言えば、、、と私は思い出しました。ペットサロンのオーナーさんからも同じようなお話を聞かせていただいたことがあるんです。そのオーナーは「毎日が単調な仕事の繰り返しになったらつまらんでしょ。だから、大会に出たりして、自分の目標を作って仕事に挑んでいかんと成長できないと思う。」「コンテストに出なくても目標立てて成長していける人はそれでいいけど、、、なかなか難しいよね」とおっしゃっていました。(「大会を主催してくれる人には感謝せんといかんよな」という言葉もありました!)

 

美容師さんも理容師さんもトリマーさんも、みんな仕事の根っこは“技術”。これはおんなじですね。(「お前の技術は何なんだ!」という自問⇒反省もありますが、それはまた別の機会に。。。(^^ゞ)

 

さて、そんなわけで大会が始まりました。

 

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

レディスカット、メンズカット、スピードカット、ワインディング、着付 .etc…  各競技ごとに時間を決めて、一斉に競技が始まります。

皆さん、緊張の面持ちで真剣に競技に取り組みます。

各競技ごとに審議して、上位者が11月の全国大会に進めるのです。

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

最近、知り合った某サロンの店長さん。終了後に感想を聞くと「バッチリです!」と自信の表情を見せてくれました。

全体を通じて、何より驚かされたのは、その“手作り感”です。

予定時間通りに店舗よく進む構成、そして音響・照明まで計算された演出、(出場者の皆さんの緊張感も相まって)目を離せない見事にショーアップされた競技会なのですが、それを裏で支えているのは出場者の上司であるオーナーさんや幹部の皆さん。

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

競技が進む間にも、“灯の当たらない場所”を見ると、オーナーさんたちが協力して会の進行をバックアップしています。

審査の前には、皆さんの作品=モデルさんが花道を歩くショーがあります。このモデルさんたちも、常連のお客様やお友達だったりするので、プロのモデルさんとは“一味違う!”これまた目を話せないウォーキング。ホントに手作り感満載です。

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪ 「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪ 「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪ 「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

ショーの後はいよいよ、結果発表。

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

結果を待つ間のドキドキ感。

「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪ 「全日本理美容選手権 中国大会」の見学レポート♪

 競技ごとに優秀選手が壇上に呼ばれ、その中から1位2位3位の方の名前が呼ばれると、会場から歓声が♪巻き起こります。(ぜったいに忘れられない経験になるでしょうね)

「POSシステムを使っていただくのはこの人たちなんだ!」

そんな当たり前のことをあらためて痛感させられる一日になりました。スタイリストの皆さんの頑張りを、お客様にうまく提供できるための そのための道具。これがサロン専用POSシステムの役割であるはずです。そのための技術を磨かねば!そんなことを強く思います。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です