POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

5W2Hという話。

昨日夜、読もうとしていた「火花」。結局、数ページしか進みませんでした。本気で面白いと思っているのに、なんとなくサクサク読み進めることができないんです。なんか、かなり作品世界に入り込んでしまっている感じです。

尊敬する先輩、神谷さんは、“僕”と一緒に飲む時は絶対に自分が全額支払おうとする。誘いの回数が減っているのは、自分も仕事の本数が少ない先輩の経済事情も関連してるんだろうと気遣う僕。事務所に新しく入ってきたピン芸人の才能に焦りを覚える僕。そのさなか、神谷さんから呼び出されて、「オレの彼女に好きな男ができた」と聞かされて、“僕”が泣く件(くだり)。。。

5W2Hという話。

読むのに時間がかかってます(^v^)

 

さて、POSシステム活用についてのお話に戻らせていただきます。

 

先週金曜日に訪問させていただいたサロンさんでは、

①VIP層にいるお客様にトリートメントを提案することで顧客単価を上げていく

②新規客層のリピート率を改善することで客数を増やしていく

ということがテーマ(=POSシステム活用の目的)になりました。

 

この二つは、(当然のことながら)多くのサロンさんで話題になりやすいテーマだったりします。

 

流れとしては、POSシステムを使って

「まずは誰を今回の取組みの対象者とすべきか?を出してみましょう!」となります。

 

たとえば①の場合で言うと

「最近半年間で2回以上来てくれているお客様で」

「しかもカラー・パーマなどのメニューもしてくれている人で」

「今、ウチのイチオシの〇〇トリートメントの効能を考えると、メインターゲットは35歳以上の女性だな」

というように、条件を考えながら「提案対象者リスト」を作り込んでいきます。

 

この時、どこまで 自由に 柔軟に 思いつくままに 条件設定ができるか?がPOSシステムの大事な機能だと思いますが、弊社の『サロンマジック(理美容室用)』『トリミングマジック(ペットサロン用)』は、この点において、業界ナンバーワンだと思います(*^。^*)

 

誰が対象になるか?をきちんと絞る!これが取組成功の大きな要因になる。

POSシステムはそれを実現するための道具である

 

という一つの結論に達して、

5W2Hという話。

5W2H(誰に 何を いつ どこで なぜ どうやって いくらで)の資料を持って

「何かキャンペーンをされるのであれば、まずターゲットを決めておかないと。気をつけないと“キャンペーン=安売り”になりますよ。」などと得意げにサロンさんを廻っていたのが数ヶ月前の私。

 

なのですが、

やがて一つの壁(というか次なるテーマ)を痛感するようになりました。

 

「サロンさんならではの取組みを実践するには、もうひとつ、別の視点が必要なのではないか!?」

5W2Hという話。

それは何か?

聞いて下さいますか?

 

続きは明日~~!(^O^)/

※ブログの更新スタイルがまだまだ全然つかめません。。。しばらく試行錯誤させてください。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です